13 Oct, 2017

【イベントレポート】『9/29 tofubeats “FANTASY CLUB” solo live in osaka』

music

tofubeatsのメジャー3rdアルバム「FANTASY CLUB」リリースパーティーが9月29日(金)大阪サンホールで行われた。

 

同月、東京代官山UNITで行われた東京編のチケットは2時間足らずでSOLD OUTし、大阪編も時間を置かずにSOLD OUTした。

 

ソロの冠となるリリースライヴ、地元関西での開催という事も相まり、当日の本人は少し気を張っていた様に感じた。

 

リハーサルからヴィジュアル/ライティング担当のhuezチーム、アルバムのマスタリングも手がけたPAの得能氏との綿密なやり取りが行われた。ここまで時間を掛けたリハーサルも初めてだった様な気がする。今回のリリースライヴでは、機材の数も多く、リアルタイムで演奏をする箇所もある為、当然なのだが、慎重に事を進めた。

 

PA得能氏

 
 

■ 新たな音楽の楽しみ方


 

OPENING DJはCE$。
「FANTASYでメロウ」をテーマに、アルバムのイメージを損なわない、新旧様々な柔らかい楽曲で観客を招き入れた。

 

CE$

 
 

そして本アルバムで数曲コーラス参加している京都のSSW 中村佳穂のソロライヴが始まった。
少し緊張した空気のあったサンホールに、
力強い歌声とキーボードを響かせ、
とても楽しそうな表情を浮かべたライヴに、
観客も魅了されていた。

 

中村佳穂

 

中村佳穂

 
 

続いて「YUUKI」でfeat Voを務めたsugar meのソロライヴ。
アコギ一本でステージに立つ精悍な姿、
幽玄な歌声、
爪弾かれるギターの美しい音色に、
必然と会場の空気は一変し、
観客を自分の世界に引き込んでいた。

 

sugarme

 

sugarme

 
 

そしてtofubeatsのソロライヴ。
「CHANT #1」から、アルバムの曲順通りに進むセットリストは、挑戦的でありながらも、これまでとは少し違った聴かせ方を観客に提示していた様に感じた。

 

tofubeats

 

tofubeats

 
 

PA得能氏の手腕も存分に発揮され、tofubeatsの音響的な側面を改めて感じた観客も多かっただろう。huezのヴィジュアル/ライティングも二度目にして、しっかりと再現ライヴに馴染んでいた。そういう意味でも大阪公演は他の場所とは少しスペシャルな空間になっていた様に思う。

 

tofubeats

 
 

「WHAT YOU GOT」では中村佳穂がコーラスで参加し、
「YUUKI」ではsugar meがVoを取った。

 

tofubeats_中村

 

tofubeats_suger

 
 

そしてラストの「Chant #2 (For Fantasy Club)」で本編の幕は閉じた。

 

tofubeats

 
 

アンコールの声に応え、10/2に発売の「BABY EP」からBABY(tofubeats remix)を披露し、大団円。

 

集合写真

 
 

FANTASY CLUBリリースパーティは今後、
11/2 札幌mole
11/11 京都metro
での開催が発表されており、
他にも追加公演がある可能性も。

 

今回のアルバム「FANTASY CLUB」が少しでも気になった方は、是非ライヴに足を運んで欲しい。

 

そこで新たな音楽の楽しみ方が見つかるかもしれないから。

 

tofubeats

 

■ tofubeats
https://tofubeats.persona.co/

 

■ tofubeats / FANTASY CLUB
https://wmg.jp/artist/tofubeats/WPJL000010076.html

 

■ tofubeats / BABY EP
https://itunes.apple.com/jp/album/baby-ep/id1277133827

 

■ 中村佳穂
http://nanos.jp/nakamurakaho/blog/1/

 

■ sugar me
http://www.sugar-me.com/

 
 


 
 

Photo By Jun Yokoyama
Text By TimelessTimes

page top

page top>